クレジットカードの起こりうる危険性。

クレジットカード利用停止の危険性

 

今の時代、現金を持ち歩かなくてもクレジットカードがある程度の買い物ができる世の中になっていますね。

 

とても便利で使いやすいクレジットカードですが、それだけに使いすぎて翌月の自分の首をしめてしまう方も多いです。

 

そんなクレジットカード、実は利用停止になってしまうと大変危険な事になってしまいます。

 

便利だった物の代償は大きくかかります。

 

どのような危険が有るのか?
どれ程危険なのか?
その対処法は存在するのか?

 

クレジットカード利用停止についてご説明させていただきます。

 

どうしたら利用停止なってしまうのか?

どうしたら利用停止になるのか?

 

クレジットカードの利用停止になる理由は主に4つの理由があります。

 

1つはカードの期限切れのケースです。
クレジットカードには利用期限が定められています。
その期限が切れてしまっていては、それはただあなたの名前がローマ字で書かれているプラスチックのカードとなってしまいます。

 

期限が切れる前にカード会社から更新の連絡が入りますので、その時に更新をするかどうかの意思表明をカード会社に伝えましょう。

 

2つ目はカードの利用限度額を超えてしまっているケースです。
クレジットカードには利用限度額が設定されています。
その利用限度額を超えてしまうとクレジットカードは一時的に利用停止になります。

 

例えば20万円の限度額を設定しているとした場合、利用合計金額が20万円から1円でも超えてしまうとカードは利用停止になってしまいます。

 

クレジットカードを多用される方は、時折自分のカードの残り利用可能額をチェックしておきましょう。
商品の買い物でしたら購入を取りやめるだけで済みますが、カード頼みで食事にでも行った日には血の気が引く状態になってしまいます。

 

3つ目のケースはカードの支払いが遅れているケースです。
クレジットカードは利用した翌月にその分の金額を支払うことでカードの利用が可能になります。
しかしその利用分の金額を支払わなければ、必然的にカードの利用は停止されてしまいます。

 

カードの決済ができなかった場合、支払いを忘れていないかの確認をしましょう。
カード代金の支払いを済ませれば再びクレジットカードの利用が可能になります。

 

4つ目は換金率の高い商品の購入をした場合のケースです。
クレジットカードでの商品購入は持ち主でなくても簡単に商品を購入することができます。
仮にクレジットカードが第3者の手に渡ってしまったと思った場合はすぐにクレジットカードの利用を停止するようにカード会社へと連絡を入れるようにしましょう。

 

見ず知らずの誰かに自分のクレジットカードを利用されてしまう可能性があります。
クレジットカードの利用停止はこの様に防犯面でも活躍することがあるのです。

 

利用停止による利用者への制限

利用停止による利用者の制限

 

クレジットカードの利用停止になってしまう理由はわかりましたね?

 

では、利用停止になると利用者に色々な制限がかかってしまいます。
その制限とはどのような制限がかかってしまうのでしょうか?

 

他会社のクレジットカードの新規発行ができなくなる

 

クレジットカードの利用停止状態は期限切れを除いて、そのクレジットカードを利用していた上で何か問題があったという証明になります。

 

利用停止の状態のまま他社でカードを作ろうとすると審査で落ちてカードを作ることができません。
しかし審査基準の甘いカード会社ではまれにクレジットカードを作ることができる場合があります。

 

有名なのでは楽天カードが一番有名ですが、それ以外のカード会社の審査は落ちてしまうでしょう。

 

車や住宅ローンを組むことができない

 

クレジットカードを長期間利用停止の状態まま放置しておくとブラックリストに入ってしまいます。
そうなるとクレジットカードをを作れないどころか、住宅ローンや車のローンを組むことができなくなってしまいます。

 

いつでも払えるから未払のままでいいやと放って置くのも危険です。

 

私の友人の話です。
カード会社から身に覚えのない500円の請求をされたそうです。
見覚えのない500円の請求を意地でも断っていたら、ブラックリストに入ってしまったという話を聞きました。

 

それ以来私の友人はローンが組めなくなってしまたそうです。
500円でも100万円でも未払金は未払金です。

 

払わなければ下される処罰はどちらも等しいということなのです。

 

クレジットカードの未払金一括請求

 

このケースが一番最悪なケースです。
クレジットカードには一括で返せない人のために分割払いや、リボ払いが存在します。

 

このケースはよっぽどの事がない限り遭遇することはありませんが、もし一括請求をされてしまった場合は頭を抱えてしまうでしょう。

 

ひどい時は何十万という請求があなたの元に届いてしまいます。

 

クレジットカードの利用には十分に気をつけた方がいいでしょう。

 

利用停止にならない為の方法

利用停止にならない方法

 

クレジットカードの一番怖いのはお金を使っている感覚がないところです。

 

クレジットカードは買い物をする時にショッピング枠と言われるカードを切って買い物をする方法が一般的です。
この購入方法で現金を使っていないという錯覚に陥り、気づけば20万30万の未払金が増えていってしまうのです。

 

現金ならば物理的に減っていくので危機感を覚え節約を心がける様になります。

 

しかし、現金がないからクレジットカードを使っているという方も多いはず。
そういう時こそクレジットカードの現金化を活用していきましょう。

 

クレジットカードの現金化ならショッピング枠を現金に変える事ができるんです。

 

さらに、現金化業者は現金化のプロなのでクレジットカードが利用停止にならず現金化を行うことができるんです。

 

結局クレジットカードを利用するのであれば、その利用する分を現金に変えて利用した方が格段に節約になります。

 

安い定食屋や、ラーメン屋は基本的に現金でしかお会計ができません。

 

クレジットカード取扱店は基本的に単価の高い店舗の場合が多いです。

 

現金化を上手く利用してカードの利用額を抑えるのは賢いひとつの手なんです。

 

興味がある方は是非ともご覧下さい。

 

優良現金化業者一覧

最終更新日:2017/11/15

関連ページ

誇大広告の換金率の真相
クレジットカード現金化のホームページに表記されている魅力的な換金率の真相
店頭買取を行う現金化業者
インターネットではなく実際に店舗を構え店頭買取を行う金券ショップにようなクレジットカード現金化の正体
実在する詐欺を行う悪徳業者
お金に関係するサービスには悪徳業者が多く潜んでいることがありますがクレジットカード現金化にも詐欺を行う悪徳業者が実在します
商品の返送
クレジットカード現金化の方法はいくつかありますが、そのなかで商品を返送しなければいけない方法には注意が必要です。