クレジットカード現金化の換金率で優良店は決まる

換金率の優劣

ペットボトルのコーラは自動販売機で150円で売っています。暑いときにはすぐに冷えたコーラを飲めるのでついつい買ってしまいますが、近所のスーパーマーケットで同じコーラが88円で販売されているのです。中身は同じものなのですがスーパーマーケットの価格を見てしまうと、外でのどが渇いていても自動販売機のコーラが高価なものに感じてきます。

 

こんな経験は誰でもされたことはあると思いますがこの例えでも

  • 150円の自動販売機のコーラ
  • 88円のスーパーマーケットのコーラ

は全く同じものですが、利用環境や相場などから大きな差が生まれています。150円のコーラは捉え方によれば通常の価格でありどこの自動販売機でもだいたい150円で販売されています。それと比較すると88円のコーラは安く感じますがどこのスーパーマーケットでも88円で販売されているなら特に安いという訳でもありません。

 

このように全く同じコーラでも環境や相場によって金額帯には大きな違いがあるのです。お祭り事や観光地に行くとさらに高価なコーラも販売されていますのから原価から考えれば数倍の金額になっていることになります。

クレジットカード現金化の換金率の差

ではクレジットカード現金化における換金率の違いというのはどのように考えられるのでしょうか。
まず、

では利用環境や仕組みが異なります。

金券ショップ型現金化の換金率

店舗で買取を行うクレジットカード現金化の実質的な換金率の相場は75%から80%程度です。どこのお店換金率に差はほとんどありませんのでユーザーの住んでいるところから近いお店で利用されたほうが効率もよく、無駄な交通費も省けることになります。

 

ほとんどのお店の近くにはターミナル駅がありますので立地条件はよく利用しやすいようになっています。

キャッシュバックによる現金化の換金率

インターネットで営業するキャッシュバックによる現金化の内容というのはネットショップで買い物をしてキャッシュバックとして送金します。どこの現金化業者も同じような内容ですが、換金率は60%から80%と大きな開きがあります。このクレジットカード現金化の換金率は優劣を決める指標ともいえます。

 

クレジットカード現金化の優良店ではユーザーを多く抱えているため、長く利用してもらえるようになるべく高い換金率で現金化するように心がけています。反対に粗悪な業者というのは、利用者がほとんどいないため多くの利益を搾り取らなければ営業を続けていくことはできません。つまりキャッシュバックによる現金化サービスというのは決済金額の20%以内で決済手数料や経費を賄うことができ、残りの利益は業者のさじ加減で決めているという見方もできるのです。

 

 


最終更新日:2017/11/15

関連ページ

送料・振込手数料無料は基本!
クレジットカード現金化では必ず送料と振込手数料があり、それを業者が負担するところもあります
信頼できる人間性
クレジットカード現金化というサービスは不透明な部分があり、信頼できる現金化サイトかを見極めることも重要です
安全な決済ライン
クレジットカード現金化の安全性を考えた時、現金化業者の対応もありますが、クレジット決済する決済ラインの種類も重要となります。