クレジットカード現金化はカード会社の利用規約違反なの?

現金化は利用規約違反

クレジットカードは必ずそれぞれの発行会社があります。クレジットカードを発行するためには発行会社に申し込みを行い、審査や勤務先の在籍確認を経て利用規約に同意しクレジットカードが発行されます。つまりクレジットカードを持っているということは審査に通過し利用規約に同意をしたことになるのです。

 

クレジットカードを所持している方は利用規約に同意していますが大半の方は利用規約の内容をきちんと把握することなく同意しているのが実状です。この利用規約になかには換金目的によるクレジットカードの使用を禁じる項目がどのカード発行会社の利用規約にもあるのです。そんなことから多くのクレジットカード発行会社のホームページでは「クレジットカード現金化は利用規約違反です!」と利用者に対して勧告しているのです。

全ての現金化サービスは利用規約違反!?

では、クレジットカード現金化は換金目的によるショッピング枠の使用になる行為なのでしょうか?

商品買取による現金化方法

店頭買取を行う金券ショップのような現金化業者は街中で営業していますが、これはクレジットカードで金券類や新幹線の回数券などを購入して換金する現金化の方法です。クレジットカード現金化するためにそのショップへ行き、指定された商品を購入して換金する方法なので、利用規約違反となるのは間違いありません

 

クレジットカード現金化の問題点は換金目的による使用なので換金するために現金化ショップに行き、換金するために商品を購入し現金化したことになります。

 

クレジットカードで金券類を購入すること自体には問題はありません。問題があるならばそもそも購入することはできないようにすればいいからです。問題は換金目的で購入することです。明らかに換金目的での購入であり、買取ってもらったお店を調べることができれば現金化目的なのがすぐにわかります。カード発行会社が本気を出して調査すればわかることですので安全とはいえません。

キャッシュバックによる現金化方法

インターネットで多く見られるキャッシュバック付きオリジナル商品を販売する現金化方法は利用規約に違反するのでしょうか。
クレジットカードはネットショッピングで多く使用されています。特にクレジットカード決済のほうが安く購入できることはなくても、利用すればポイントが貯まるからです。キャッシュバックによる現金化方法は一般的なネットショッピングでの買い物と変わりません。ただ、購入した商品にキャッシュバックがついているだけなのです。

 

そうなりますと換金目的でクレジットカードを使用したわけではなく、購入した商品にキャッシュバックがついてきただけなのです。あくまでもカードの使用目的は買い物でありキャッシュバックはおまけや特典といった類になりますで利用規約違反にはならないのです。

 

世間の認識ではキャッシュバックによる現金化は違法や規約違反といったものがありますが、「換金目的ではない」と考えれば規約にも違反せず安全に利用することができるサービスといえるのではないでしょうか。法律や規約のようなものは解釈のしかたで内容は異なります。その判断を決めるのは人間ですので、その人の解釈次第ということになるでしょう。


最終更新日:2018/5/7