クレジットカード現金化の比較サイトやランキングサイトは信用できる?

比較サイト・ランキングサイトの信憑性

クレジットカード現金化のサイトは現在確認できるものでも200社以上存在しており利用を検討しているユーザーから見ればどこのサイトを選べば良いのか悩むことがあります。そんな方の多くが利用しているのがいくつかの現金化サイトが掲載されている比較サイトランキングサイトです。

 

比較サイト・ランキングサイトはクレジットカード現金化に限らずあらゆるサービスや商品を利用する人にとって参考となる便利なモノです。

  • 音楽
  • アプリ
  • レストラン
  • ホテル
  • クレジットカード

などさまざまなモノが体験者の口コミや評判によりランキング化されていてどのような点に優れているのかがすぐにわかるようになっています。この比較サイトを参考に利用者にふさわしいサービスを見つけることができるのです。

クレジットカード現金化の比較サイト・ランキングサイト

クレジットカード現金化関連のキーワードを検索すると現金化のホームページよりも比較サイトやランキングサイトが上位表示されていることのほうが多いと思います。しかも比較サイトはけっこうな数がありどの比較サイトがいいのかを決めることも困難なほどです。

 

一般的なサービスの比較サイトのランキングでは上位に掲載されているサイトやお店はある程度、固定されているのが通常です。これは本当にに人気のお店やサービスは人気が人気を呼ぶため正のスパイラルとなり不動の人気店となるのは必然なのです。つまり上位はそういった人気店が締め、どの比較サイトでも評価されるのです。

 

しかし、クレジットカード現金化の比較サイトではそういったケースはあまり見られず、比較サイトごとにまったく異なったサイトがランキングされています。

なぜクレジットカード現金化には不動の人気サイトは存在しないのでしょうか?

その理由は比較サイトごとの運営者が異なるからです。

どんな比較サイトでもそうですが、運営者や管理者がおりその人たちの所有物なのです。つまり独自の判断で決定しているものであり信憑性があるかないかは定かではありません。そんな比較サイトを参考にするしないもユーザーの自由ということなのです。

比較サイト・ランキングサイトは運営者の広告

インターネットはほとんど無料で利用できる時代になりましたが、このインターネットサービスにはたくさんの広告収入によって成り立っているサービスがあります。

  • Google・Yahooの検索エンジン
  • mixiやFacebookなどのソーシャルネットワーク
  • アメブロやJUGEMなどのブログ

何も気にせず利用していれば気づくことはありませんが、さまざまな部分に広告が掲載されているサービスなのです。当然、クレジットカード現金化の比較サイトも運営者の広告目的による媒体なのです。ランキング上位に掲載されるためには換金率やスピードとは関係なく、多くの広告費を支払えば第1位になることも可能なのです。

 

初めてクレジットカード現金化を選ぶ際にはとてもわかりやすく評価や解説がある比較サイトですが、広告目的のため信憑性はほとんどありません。この比較サイトが悪意のある行為なのかといいますと広告としての商売ですのでそうともいえません。利用するかはユーザーの責任となりますので「換金率95%と比較サイトに書いてあった」としても比較サイト側には何の責任もありません。

 

広告目的の比較サイトを信用して騙されても個人の責任となりますので、参考にしないほうが無難だといえるでしょう。


更新:2017/04/03

関連ページ

適用されないキャンペーン
クレジットカード現金化のホームページには魅力的なキャンペーンがありますが全ての現金化業者で適用されるわけではありません
口コミの真相
クレジットカード現金化のサイトを選ぶ際に口コミを参照することがありますが現金化業者が投稿する口コミは少なくありません
利用規約違反になるサービス
クレジットカード現金化はカード会社の利用規約違反になるサービスとされますが本当なのでしょうか。
不可解な手数料
クレジットカード現金化には換金率以外に手数料が必要となりますが不可解なものもあり、法外な手数料も存在します。
100%を超える換金率
普通のクレジットカード現金化ではありえない100%以上の換金率でできる現金化方法
外国人の利用
クレジットカード現金化は日本特有のサービスという印象がありますが日本に住む外国人は現金化サービスを利用できるのでしょうか。
リピーターは換金率がお得に利用できる
クレジットカード現金化は新規で申し込みするよりも2度3度とリピーターになるにつれ換金率はお得に利用できる