クレジットカード現金化は悪質商法なのか?

クレジットカード現金化は悪徳商法なのか?

 

お金という存在は昔からあまり綺麗な印象はなくネガティブなモノというイメージがあります。

 

同様にお金に関係する借金やギャンブルにも「よくないもの」という印象がありますよね?
クレジットカード現金化サービスも借金やヤミ金融とは異なりますが、お金に関するサービスに違いはありません。

 

しかし、クレジットカード現金化には金融系サービスという以外にもマイナスなイメージが強くあります。

 

クレジットカード現金化のマイナスイメージ

クレジットカード現金化のマイナスイメージ

 

そもそもクレジットカードのショッピング枠現金化の仕組みはクレジットカードで商品を購入してお金を獲得するサービスです。
新しい資金調達の方法なのですが、見方を変えると合法化されたヤミ金融という悪質商法で捉えられています。

 

なぜこのような解釈になってしまうのかというと、クレジットカード現金化の方法に問題がありました。

 

クレジットカード現金化の方法は

  1. クレジットカードで商品を購入
  2. キャッシュバックにより振込
  3. 購入した商品が到着
  4. 返済はカード会社

 

という流れがありますが、普通のネットショッピングにキャッシュバックがついたような感じとなっています。
しかし、この方法で商品の送付がなかった場合では商品の売買が成立しません。

 

そうなってしまった場合、実質的な高金利の融資という扱いになってしまいます。
このような現象が過去に起こってしまっている為、クレジットカード現金化のイメージが悪くなってしまったと考えられます。

 

クレジットカード現金化のイメージダウン

クレジットカード現金化のイメージダウン

 

このケースで過去に逮捕された現金化業者が何社かありました。
逮捕された原因は先程ご説明した通り、商品を送らなかった事が原因です。

 

この現金化業者が逮捕されたという報道により、クレジットカード現金化は『貸金業の許可をえてない業者が高金利で融資している』という印象を世間に与えてしまいました。

 

詳しくはこちらの記事でご確認ください。
逮捕される現金化業者 | その理由は?問われる安全性

 

今の現金化サービスの印象

今の現金化サービスの印象

 

以上の印象から『クレジットカード現金化は危険』というイメージが付いてしまったのですが、今現在はどうなのでしょうか?

 

クレジットカード現金化業者の逮捕から数年が経過した今では、危険なサービスという印象は時間の経過により少ずつ薄れてきました。
逮捕される現金化業者もほとんどなくなり新しい金融サービスの地位を確立しつつあります。

 

結果的には現金化業界を大きく改革させた1つの事件となっているのです。
この事件をきっかけに現金化業界では優良なサービスを提供している業者が増えた事は事実です。

 

不景気な今だからこそ、クレジットカード現金化というサービスを必要としている方は多く存在しています。
今後はマイナスイメージとならない方法で現金化することにより公的にも認められるサービスへと進化していく可能性も充分考えられます。

 

しかし、実際の所悪質な現金化業者が存在している事は否定出来ません。
その為、『優良の現金化業者を利用するように』と多くの現金化比較サイトでも言われているため現金化を利用する際には必ず業者の見極めが必要になります。

 

そこでこちらの記事で優良現金化業者の見極め方をご紹介させて頂いてますのでこちらの記事を参考にご覧ください。

 

優良店を利用する方法はこちら

最終更新日:2018/6/5