現金化業者の正体って実はヤミ金融業者なの?

現金化業者はヤミ金融

クレジットカード現金化サービスを利用するときは、ホームページから申し込みを行い、電話で内容を説明されパソコンで商品を購入するという流れで手続きを進めます。何度利用してもこの内容は変わることなく現金化業者と対面する機会は全くありません。

 

電話で何度か話しをすればある程度の人間性というのは見えてきますが、声だけではどんな格好をしているのか、どんな顔をしているのかまではわかりません。クレジットカード現金化サービスというのは実際にはどんな人が業務を行っているのでしょうか。

これまで摘発された現金化業者

どれだけクレジットカード現金化を利用しても現金化業者の姿を見る機会はありません。しかし唯一現金化業者が人前に現れる機会があります。それは現金化業者が逮捕されたニュースです。これまで数社の現金化業者が摘発された報道がありました。逮捕された現金化業者のほとんどは20代後半から30代前半と比較的若く、外見は普通の仕事ではないという感じでした。

 

この逮捕された現金化業者というのは共通して、「悪質な業務を行っていた現金化業者」という点があります。つまり一般的な現金化業者ではなく悪徳現金化業者だから逮捕されたのです。悪徳現金化業者がヤミ金融として逮捕されたという当然のことです。

一般的な現金化業者

ヤミ金融のイメージというのは最近は少なくなりましたが、

  • 若いのに高級車に乗っている
  • いつも携帯電話で話している
  • 普通ではないスーツを着用
  • 鋭い目つき

という遠くにいてもすぐにわかる容姿です。その人たちが本当にヤミ金融かどうかはわかりませんが。

 

では普通に営業している現金化業者というのはヤミ金融のような業者なのでしょうか?
実際に会ったことはないのではっきりしたことはわかりませんが、多分違います。

 

金融サービスという点では同じだと思いますが、お金を貸すわけではありませんので現金化業者への返済や取立てはありません。話し方も威圧的な感じではなく紳士的で丁寧という印象です。あくまでも想像の話ですが、普通に満員電車に揺られ毎日通勤しているサラリーマンと変わらない印象です。

 

しかし世間からはマイナスイメージが強く、ヤミ金融と同じくくりとされています。明らかな違いはあるのですがこの印象はこれからもきちんと分類されることはないでしょう。


最終更新日:2017/09/20

関連ページ

逮捕される現金化業者
クレジットカード現金化を行っていた現金化業者が逮捕されるワケ
現金化のマイナスイメージ
クレジットカード現金化の印象は社会的にはマイナスなイメージが強くありますが、その理由を検証
換金率の仕組み
クレジットカード現金化では換金率が非常に重要な項目とされていますが、換金率とはどのようなものなのでしょうか。
カードでお金の広告
カードでお金やクレジットカードでマネーといった看板を街中で見かけることがありますが、これは現金化業者による広告です。
現金化方法と仕組みどうやってカードで現金を手に入れるのか?
クレジットカードの現金化、カードのショッピング枠を現金化するサービスのことをいいます。しかしどこか不安になる人もいるかもしれません。その仕組みを徹底解説します。
消費者金融と現金化業者はどちらが得する?
お金がない!そんな時一番に思い浮かぶのは『消費者金融』ではありませんか?でも消費者金融より借りるまでが早くて、お得に現金を手に出来る業者があったらいいと思いませんか?実はあります!騙されたと思ってご覧下さい!
カードの現金化は違法?
クレジットカードの現金化はどこか怖い感じがしますよね?何か悪いことをしているような、そんな感覚になっている方は多いでしょう。クレジットカードの現金化は実は法律から見たらこのように見えるんです。