クレジットカード現金化の換金率の仕組みはシンプル

現金化の換金率の仕組み

クレジットカードのショッピング枠を行う際に第一に考えるのが換金率です。この換金率の仕組みとはどのようなものなのでしょうか。

 

よくパチンコ店で出玉をお金に換えるときには換金所で行います。パチンコ玉を借りるには1個4円ですが、換金するときは3円や2.5円になることがあります。これが4円で換金できるお店は100%で3円だと75%、2.5円だと62.5%が換金率となります。

クレジットカード現金化の換金率

換金率という言葉はそもそもクレジットカードの決済金額に対して振込される金額の割合のことを指します。

振込金額÷カード決済金額=換金率(%)
つまり、
カード決済金額×換金率(%)=振込金額
と、置き換えることができます。

 

よくクレジットカード現金化のホームページで「一律90%でキャッシュバック」などと表記されているものがありますが、この場合10万円の決済金額なら9万円がキャッシュバックされることになります。

 

しかし、すべてのクレジットカード現金化でホームページ通りでの換金率で利用できるとは限りません。なかには誇大広告の換金率を提示している悪意のある業者も少なくありません。クレジットカード現金化のサイトを選ぶ際には表向きの数字だけで決めるのは危険です。しっかりと利用するサイトをリサーチした上で実質換金率で選んだほうがよいでしょう。

換金率の表現方法

クレジットカード現金化では決済金額に対して振込をする金額の割合を換金率以外の言葉でも表しています。

  • 還元率
  • キャッシュバック率
  • 買取率

どの言葉も意味合いは同じですが、クレジットカード現金化の方法や内容によって使い方はことなってきます。すべての表現方法はパーセンテージとなっていますで表現は違っていても比較することはできます。

 

現在のクレジットカード現金化業界では95%以上の換金率で利用できるサイトはないと断言することができますが、95%以上を表示しているサイトは多数あります。そういったサイトを利用する際には実質的な金額を決めてから利用しましょう。


更新:2017/03/22

関連ページ

【真相】現金化業者はヤミ金融なのか
クレジットカード現金化は新たな金融サービスとして利用されていますがその実態はヤミ金融なのでしょうか
逮捕される現金化業者
クレジットカード現金化を行っていた現金化業者が逮捕されるワケ
現金化のマイナスイメージ
クレジットカード現金化の印象は社会的にはマイナスなイメージが強くありますが、その理由を検証
カードでお金の広告
カードでお金やクレジットカードでマネーといった看板を街中で見かけることがありますが、これは現金化業者による広告です。