消費者金融とクレジットカード現金化お得なのはどっち?

消費者金融と現金化業者お得なのはどちら?

 

「お金がない!親からも友達からも借りれない!!」

 

それでも現金が必要・・・という時に真っ先に思い浮かぶのは消費者金融ではありませんか?

 

ちょっと待ってください!

 

現金が必要なのであればクレジットカード現金化の方がお得なんです。

 

金利も借入れにかかる時間も返済方法も大違いなんです!

 

「でもカードの現金化って闇金融みたいで怖いし・・・。」

 

それは勘違いです!

 

現金化の仕組みを理解すればなんて事はありません。

 

それに消費者金融の方が闇金融も顔負けの取立てをして何年か前にテレビのニュースで問題になっていましたよね?

 

現金化業者の支払いはクレジットカード会社に支払うので取立てなどはよっぽどのことがない限り家に人が来ることはありません。

 

もし人が来たとしても、それは取立てというよりは支払いの催促なのでいたって社会性に反しない態度での話し合いになります。

 

間違っても、玄関口に居座ったり、大声で罵倒したりなんてことはしません。

 

消費者金融と現金化業者の借入時の違い

両御者借入時の違い

 

私は昔消費者金融にお金を借りていたことがあります。

 

そのことから、現金化業者が消費者金融よりもいかに得なのかを実感しています。

 

初回手続きから現金化業者の方が得であることがわかっちゃうぐらいに、消費者金融と現金化業者の違いをお教え致します。

 

現金化業者の初回手続き

現金化業者の初回手続き

 

現金化業者の初回手続き
  1. 現金化業者はサイトから簡単な申し込みを済ませて電話がかかってくるのを待つ。
  2. かかってきた電話で、まず個人情報の登録を済ませる。
  3. 免許証の写真と顔写真が見えるように映った写真をメールにて送る。
  4. これは消費者金融も同じ個人情報の確認と登録をする。
  5. あとは現金化業者から登録確認の電話と共に、利用金額を伝える。
  6. 利用金額を伝えたら指示に従って商品を購入。
  7. 商品購入を確認した現金化業者が現金を利用者の口座へ振り込む。

 

現金化業者の初回手続きを簡単にまとめると以上のようになります。

 

登録は20分以内で終わらせることが可能です。
そこから入金までは早くて10分以内、30分程で済みます。

 

問題やトラブルがなければ約30分以内で手続きを終えることができます。

 

その際に、本人確認以外の確認事項はありませんし面倒な審査もありません。

 

ここだけは注意してください!

 

金融機関の営業時間の関係上、15時を過ぎた申し込みは翌日の振込になってしまいますので申込をする際は気をつけましょう。
一部の金融機関のカードは15時以降でも振込が可能なので、一度現金化業者に相談をしてみましょう。

 

消費者金融の初回手続き

消費者金融初回手続き

 

消費者金融の初回手続き
  1. 消費者金融の無人店舗へ行く。
  2. 無人契約機の設置された部屋へ入る。
  3. 電話を手に取りオペレーターと話をする。
  4. 個人情報登録の為の用紙が機械より出てくる。
  5. 名前、現住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号などを記入する。
  6. 用紙の個人情報が正しい物か確認をされる(携帯に電話をかけられたりなど)。
  7. 勤務先に本当に勤めているかの確認電話が入る。
  8. 次に顔写真付きの身分証を提示する。
  9. 顔写真を撮影される。
  10. キャッシングカードが配布される。

 

消費者金融の初回手続きは簡単にまとめると以上のようになります。

 

登録にかかる時間は約1時間程かかりました。
もし仮に問題やトラブルがあった場合は、審査で弾かれてしまい。
最悪の場合はお金を借り入れることが出来ないかもしれないという事も考えられます。

 

それでは本末転倒ですね。

 

現金が必要なのに1時間近く待たされて「貸せません。」と言われたらどうしようもありません。

 

さらに消費者金融には総量規制とい制度が働きます。
この総量規制は、年収の1/3を超える借り入れをする事ができません。

 

もし年収が300万ならば消費者金融からは100万以上の借り入れは出来ないのです。

 

これは消費者金融1社の最大借入金額ではなく消費者金融全社からの最大借り入れが100万以下でなければいけません。

 

年収300万円の人が既に100万円を借りていたらもう他の消費者金融からはお金を借りることができなくなります。
つまり、A社から50万円借りていたらB社から借りれる最大額は50万円までとなるんです。

 

消費者金融から現金を借りている人はこの総量規制に注意して借り入れをしましょう。

 

しかし現金化には総量規制は適用されません。クレジットカードのショッピング枠だけ現金化をする事ができるんです。

 

現金化と消費者金融の利子の違い

利子の違い

 

金利、利子は面倒くさい事この上ないですよね。
まず計算が面倒です。

 

公式は調べれば載っています。
借りた消費者金融会社に問い合わせれば教えてもくれますが金額が変われば利子も変わってきます。

 

その度に問い合わせるのはちょっと・・・。

 

因みにこれは現金化業者を利用しても同じです。
利用金額を分割払いなどで支払うときは当然、利子が発生します。

 

現金化業者はクレジットカード払いなので支払いはカード会社への支払いになります。

 

金利の比較は以下の通りになります。

 

クレジットカード会社の金利は最高15%
消費者金融の最大金利は18%

 

この様に並べると消費者金融の方が利子が高いですね。

 

「でもたった3%の違いでしょう?」

 

実は3%の違いではありません。

 

クレジットカード会社は2回の分割払いなら利子は発生しないんです。

 

つまり、2回の分割払いで済んだら金利の差は18%の差ということになります!

 

消費者金融で10万円を借りて、同じように2ヶ月でかえした時に最高金利で計算した場合以下のようになります。

 

10万(借りた金額)×18%(金利)÷365(1年)×30(1ヶ月)=1479円

消費者金融は問答無用で、1479円の利子が付きます。

 

次の月には5万円分の利子、739円が付くので合計で2218円の余分なお金が掛かることになります。

 

 

消費者金融よりも現金化業者がお得!

現金化業者がお得!

 

結果的には、初回の手続きからお金を借りるに当たっての利子の面を見ても現金化業者の方が得なのは一目瞭然でした。

 

消費者金融は、利用している人が多く有名というだけで安全な訳でもなく、お得でもありません。

 

しかしここで勘違いをしないでいただきたいのは現金化業者も絶対安全というわけではありません。

 

現金化業者には詐欺業者が存在します。

 

この詐欺業に損得の問題ではなく現金を持っていかれるだけの最悪な事態になってしまいます。

 

そうならない為にも、信用できる現金化業者を利用することをオススメいたします。

 

周りで現金化業者を利用している知人がいたらその方に紹介してもらうのが1番ダマされない方法でしょう。

 

もし周りに現金化業者を利用している友人がいない方は、優良店の現金化業者一覧サイトがあります。
よれしければ参考程度にご覧下さい。

 

現金化優良店一覧

最終更新日:2017/09/20

関連ページ

【真相】現金化業者はヤミ金融なのか
クレジットカード現金化は新たな金融サービスとして利用されていますがその実態はヤミ金融なのでしょうか
逮捕される現金化業者
クレジットカード現金化を行っていた現金化業者が逮捕されるワケ
現金化のマイナスイメージ
クレジットカード現金化の印象は社会的にはマイナスなイメージが強くありますが、その理由を検証
換金率の仕組み
クレジットカード現金化では換金率が非常に重要な項目とされていますが、換金率とはどのようなものなのでしょうか。
カードでお金の広告
カードでお金やクレジットカードでマネーといった看板を街中で見かけることがありますが、これは現金化業者による広告です。
現金化方法と仕組みどうやってカードで現金を手に入れるのか?
クレジットカードの現金化、カードのショッピング枠を現金化するサービスのことをいいます。しかしどこか不安になる人もいるかもしれません。その仕組みを徹底解説します。
カードの現金化は違法?
クレジットカードの現金化はどこか怖い感じがしますよね?何か悪いことをしているような、そんな感覚になっている方は多いでしょう。クレジットカードの現金化は実は法律から見たらこのように見えるんです。