クレジットカード現金化を利用しても最高換金率が適用されない理由とは?

クレジットカード現金化を利用しても最高換金率が適用されない理由とは?

 

クレジットカード現金化業者を利用した事のある人は一度は経験はありませんか?
最高換金率で現金化をして貰えると思っていたのに、いざ現金化を利用してみると換金率が大幅に下がっている!
という体験をした事があるのではないでしょうか?

 

なぜクレジットカード現金化業者は最高換金で現金化を行えないのでしょうか?

 

そこには優良業者や悪質業者などの理由ではないしっかりとした訳があったんです。
では、最高換金率が適用されない理由をご説明いたします。

 

【関連記事】
換金率の仕組みについて

 

 

最高換金率は『客寄せパンダ?』

最高換金率は『客寄せパンダ?』

 

90%を超える換金率が現金化業者の最高換金率になっている事が多くあります。
しかし、最高換金率に限らず90%を超える換金率が現金化で適用される事はありません。

 

80%を超える現金化業者自体が極希と言われている程です。

 

では、なぜ最高換金率は90%を超える換金率に設定されているのでしょうか?
その理由としては『最高換金率が適用される現金化利用額』に秘密がありました。

 

【関連記事】
誇大広告の換金率に騙されたトラブル

 

現金化利用額を上げると換金率が上がる

現金化利用額を上げると換金率が上がる

 

まず換金率を確実にあげる方法を知っていますか?
その方法は『現金化利用額をあげる』という方法が一番手っ取り早く確実な方法です。

 

では、どのくらいの額まで利用額を上げれば最高換金率に届くのか?と疑問に思いますよね。
その条件は以下のように言われています。

  1. 現金化利用額を上げる
  2. キャンペーンを利用する
  3. 業者に直接交渉する

 

キャンペーンに関しては適用されない事が多くあまり信用できません。

 

可能性が高いものとして、1と3が現実的ではありますが、そう簡単にいかないのが現金化業者です。
利用額を上げると一言で言っても、業者によって額は大きく変わってきます。

 

最低でも100〜200万円の現金化を利用しなければ最高換金率は適用される事はないでしょう。
もしかしたら、200万円利用しても換金率は最高換金率にはならないかもしれません。

 

理由としては利益の問題です。

 

現金化業者の利益と現金の調達方法

現金化業者の利益と現金の調達方法

 

ここで少し現金化の仕組みについておさらいをしていきましょう。
クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金に変える方法です。

 

詳しくはこちらの記事を参考にご覧下さい。
クレジットカード現金化仕組み | どうやって現金にするのか?

 

現金化利用者がクレジットカードで業者の商品を購入し特典として現金を振り込んでもらう、という方法で現金を手にしますがここで少々疑問が浮かびます。

 

クレジットカードを利用したことがある人はわかるかもしれませんが、カードの支払いは一ヶ月分まとめて請求されるシステムになっていますよね?
という事は、カードを切った加盟店はカードでお会計した金額分の現金は一括で支払われる事になります。

 

つまり現金化利用者が 手にしている現金は『利用者から得たクレジットカードのキャッシング枠分』ではなく『現金化業者の何かしらの方法で貯蓄していた現金、または調達している現金』ということになります。

 

実際にクレジットカードの売上金が加盟店にいつ入金されるのかを調査してみた結果、以下のようになりました。

 

お取り扱い期間通年

売上締切日

加盟店様へのお支払い日

通年

毎月15日

当月末日

通年

毎月末

翌月15日

 

見ていただければわかるように、入金されるまで早くても半月かかるようになっています。

 

こうなると現金化業者も換金率に気をつけなければ現金を支払えなくなってしまいますよね?
現金がなくなってしまうと現金化業者は仕事が出来なくなってしまいます。

 

それこそ利用者全てに最高換金率を適用させていたら現金化業者は支払う額だけが大きくなってしまいすぐに金欠になってしまうでしょう。

 

仮に最高換金率が98%の業者が居たとした話をしましょう。
200万円の利用額に最高換金率98%を適用し時、現金化業者が利用者に払う金額は196万円となります。

 

現金化業者の利益は4万となりますが、その日に196万円を現金で利用者に振り込まなくてはいけません。
その月の現金化業者はヘタをすると営業できなくなってしまうかもしれませんね。
業者からすると

  • リスクが高すぎる
  • リスクの割には利益が少ない

という結果になってしまいます。

 

結果、現金化業者の換金率問題は利益だけという単純なものでは収まらないという事がよくわかりました。

 

現金化業者の最高換金率は適用される事はない

現金化業者の最高換金率は適用される事はない

 

以上の結果から、現金化業者の最高換金率が適用される事がないという事がわかっていただけたかと思います。
ではどのぐらいの換金率で現金化してもらえるのか?というところですが、現金化業者によって変わってきますが75%前後が基本的な相場の換金率というように言われています。

 

基本的にはこの75%を超える事はありませんが、希に80%前後の換金率で現金化をしてくれる業者が存在します。

 

その業者こそが優良現金化業者と言われている業者なのです。
いまの金化業界では、最高換金率よりも80%の換金率を提示してくれる現金化業者を探した方がいいとも言われています。

 

適用されない換金率を目指すよりも可能性のある換金率で現金化した方がきっと理想の現金化のサービスを受ける事が出来るでしょう。

 

参考程度にではありますが、こちらに換金率が80%を超える可能性のある現金化業者を順位付けしたランキングがあります。
ご利用になる際には一度ご覧下さい。

 

優良現金化業者一覧

最終更新日:2018/1/15

関連ページ

【真相】現金化業者はヤミ金融なのか
クレジットカード現金化は新たな金融サービスとして利用されていますがその実態はヤミ金融なのでしょうか
逮捕される現金化業者
クレジットカード現金化を行っていた現金化業者が逮捕されるワケ
現金化のマイナスイメージ
クレジットカード現金化の印象は社会的にはマイナスなイメージが強くありますが、その理由を検証
換金率の仕組み
クレジットカード現金化では換金率が非常に重要な項目とされていますが、換金率とはどのようなものなのでしょうか。
カードでお金の広告
カードでお金やクレジットカードでマネーといった看板を街中で見かけることがありますが、これは現金化業者による広告です。
現金化方法と仕組みどうやってカードで現金を手に入れるのか?
クレジットカードの現金化、カードのショッピング枠を現金化するサービスのことをいいます。しかしどこか不安になる人もいるかもしれません。その仕組みを徹底解説します。
消費者金融と現金化業者はどちらが得する?
お金がない!そんな時一番に思い浮かぶのは『消費者金融』ではありませんか?でも消費者金融より借りるまでが早くて、お得に現金を手に出来る業者があったらいいと思いませんか?実はあります!騙されたと思ってご覧下さい!
カードの現金化は違法?
クレジットカードの現金化はどこか怖い感じがしますよね?何か悪いことをしているような、そんな感覚になっている方は多いでしょう。クレジットカードの現金化は実は法律から見たらこのように見えるんです。
クレジットカード現金化の本人確認がいる理由
クレジットカード現金化を「りようする際にかならず 必要な工程は『本人確認』です。この本人確認、りようする立場からしたら別に必要ないと思いませんか?実はこの本神確認は利用者の為のものではなく、現金化業者の為のものなのです。