本人確認はなぜ必要?クレジットカード現金化業者の実態

 

本人確認はなぜ必要?クレジットカード現金化業者の実態

 

クレジットカード現金化を利用する時に必要な手続きの本人確認ですが、この本人確認がなければもっと早く現金化を済ませる事が出来るかもしれません。

 

本人確認とは、身分証を持った写メを業者に送ったり、個人情報を業者に送ったりする手続きの事をいいます。
私たち利用者からすれば、本人確認がなくなれば面倒な手続きはなくなりますし、個人情報も送らなくてよくなるので、気持ち的にも時間的にも余裕が生まれますよね?

 

なぜ本人確認は必要なものなのでしょうか?

 

実はこの本人確認にはちゃんとした理由があったんです。
今回はその方法をお教え致します!

 

 

クレジットカード現金化で本人確認が必要な理由

クレジットカード現金化で本人確認が必要な理由

 

本人確認が必要な理由と聞かれると、どのような事を思い浮かべますか?

  • 個人情報が合っているかの確認
  • 次回利用する時の手続きの短縮

主にこの2つの事が思い浮かぶのかもしれませんが、本当に必要な確認はクレジットカードが本人名義の物かどうかの確認が業者としては必要な事なのです。

 

現金化業はクレジットカードで商品を購入してもらう事で、利用者に現金を渡すという方法で現金化を行っています。
もしもこのクレジットカードが、利用者のものではなく、拾ったものや、第三者のものだった場合どうなってしまうのでしょうか?

 

古物営業法とクレジットカード現金化の関係性

古物営業法とクレジットカード現金化の関係性

 

クレジットカード現金化は「商品を購入して貰った事で現金を利用者に振り込むシステム」です。

 

そして現金化業者は古物営業法で『1万円を超える取引の場合は申込み者の「本人確認」と「所在確認」の為に身分証明証や住所などの個人情報を、店側は文章または電子データで補完しなければならない。』と定められています。
これを怠った場合古物営業法違法となり最悪の場合逮捕されてしまう可能性があります。

 

これは現金化業者だけの話ではありません。

 

「窃盗品」や「不正を働き手に入れた物」を媒体として転売し、利益を得た場合』この古物営業法に違反している可能性が充分に考えらます。

 

クレジットカード現金化は「クレジットカード」を媒体にして現金を手にする資金調達方法なのでこの古物営業法にあたります。
その為、拾ったり、盗んだクレジットカードで現金化を行う事は利用者自身も危ない目にあう可能性があるので大変危険です。

 

当然、現金化業者も裁かれてしまいます。

 

その為、現金化業者は個人情報の登録と確認を絶対にしなければならないのです。

 

個人情報が悪用される危険性はあるのか?

個人情報が悪用される危険性はあるのか?

 

本人確認が必要なのはこれでわかっていただけたかと思います。
では、この個人情報で提出した情報が悪用されてしまう可能性はあるのでしょうか?

 

クレジットカード現金化と聞くと「カード情報を抜かれて勝手にカードを切られた!」という被害も思い浮かべるかもしれません。

 

他にも

  • 知らない番号からよく電話がかかってくるよになった
  • 迷惑メールが増えた
  • 変なセールスマンが自宅に訪ねてきた

というような被害を聞いたことがあります。

 

確かにカード情報抜かれる被害はゼロかと言われればゼロではありません。

 

しかし、優良の現金化業者を利用していればこの被害を防ぐことが充分に可能となっているんです。
今の現金化業界ではネットの普及により情報が行き交うスピードが早くなりました。

 

その為、一般的な悪質業者と言われる現金化業者は排除される傾向にあるのが今の現金化業界の姿です。

 

悪質業者はいないと言うことはできませんが、優良業者が悪質な行為に及ぶ事はまずないと断言することはできます。
なので、優良の現金化業者を利用して行う現金化安全と言われているのです。

 

これを機会に現金化サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

 

優良現金化業社のランキングはこちら

最終更新日:2018/8/2