クレジットカード現金化はセカンドオピニオンで相談・比較

現金化のセカンドオピニオン

「セカンドオピニオン」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?このセカンドオピニオンという言葉の意味は「第三者に意見を求める」ということで、日本では医療に関する用語として使用されています。

 

使い方としては、病気になった患者が主治医以外の医者からの意見を参考にすることをセカンドオピニオンといいます。つまりよりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める「意見」、または「意見を求める行為」のことなのです。

クレジットカード現金化においてのセカンドオピニオン

このセカンドオピニオンをクレジットカード現金化で置き換えると、

  • 患者→現金化ユーザー
  • 主治医→利用した現金化業者
  • 別の医者→別の現金化業者

となります。

 

一度、クレジットカード現金化を利用したユーザーのほとんどが次に利用するときも同じ現金化サイトに申し込みます。その理由は

  • 2回目は換金率が上がる
  • 本人確認が省略される
  • 一度利用しているから安心
  • 他の業者に変えるのは面倒

といったものがあります。確かにリピーターとなったほうが換金率が上がる場合もあり、本人確認もないため時間も短縮されます。
しかし、一つの現金化サイトしか利用していないということは、他の現金化サイトと比較することはできません。
たとえ納得できた換金率だったとしても他の現金化業者と比較してみると低いこともあります。

 

時間的に余裕がない方にはお勧めできる方法ではありませんが、基本的には利用した現金化サイトと他の現金化サイトを比較したほうが有効といえます。

セカンドオピニオンによる効果的なテクニック

他の現金化サイトの意見を聞くことにより絶対的に効果のある点があります。
例えば、利用した現金化サイトの換金率が80%だったとします。
そして別の現金化サイトに申し込みをし「換金率が80%だった」旨を伝えれば確実にそれ以上の換金率を提示してきます。
そしてまた利用した現金化サイトに他の現金化サイトの換金率を伝えれば、さらに高い換金率で利用できるか断られる結果となります。
断られたとしても新しい現金化サイトで利用すれば確実に換金率はアップすることになります。

 

このようにクレジットカード現金化でも他の現金化サイトに意見を求めるということは有効な方法であり、裏技的なテクニックでもあります。当然ながら現金化業者の換金率にも限界がありますので乱用にはご注意ください。


最終更新日:2017/11/15

関連ページ

やらなきゃ損!キャンペーンで換金率アップ
クレジットカード現金化の多くのサイトでは利用する人のタイプやシーズンに合わせたキャンペーンを適用しない手はありません
実質換金率のシュミレーション
クレジットカード現金化サイトを決めるポイントとして換金率が最重要項目なのですが、実質換金率をシュミレーションすれば簡単に比較できます
金額の交渉術
クレジットカード現金化の換金率はある程度の融通はききますので交渉は必要です。