クレジットカード現金化選びは実質換金率を比較すると効果的

実質換金率のシュミレーション

クレジットカード現金化サイト選びのもっとも効率のよい比較方法は換金率で決めることなのは間違いなく、大半のユーザーがそうしています。しかしクレジットカード現金化のホームページを見比べればわかりますように最大値のみでの表記や他社よりも高いとだけの表記しかないサイトもあり、実際にはどのくらいの割合で現金化することができるのかはわかりません。

 

よくインターネットで家電製品など高価なモノを購入するときに一つの指定した商品を販売しているサイトが並び最安値のサイトを簡単に見つけることができる比較サイトがあります。この比較サイトを利用すれば送料や配達までの時間を確認することができ購入するまでの所要時間はほとんどかかりません。

 

クレジットカード現金化でも多くの現金化サイトが並んでいる比較サイトはありますが、すべてが信憑性のあるものではありませんので、ユーザー自身が実質的な換金率を比較したほうが効果的なのです。

現金化サイトの実質換金率のシュミレーション

換金率のシュミレーションをするためにはまず利用したい金額、もしくは必要な金額を設定します。
例えば

  • ショッピング枠が20万円あるので10万円分を現金化する
  • 今日中にどうしても5万円が必要

といったリアルな金額です。
それから利用したいと思うクレジットカード現金化サイトをいくつかに絞込みます。そしてその現金化サイトに申し込みを行います。ほとんどの現金化サイトに申し込む際には利用金額が必要になってきますので先ほど決めた金額を記入します。
そうしますと現金化サイトから連絡がきますのでその際にある程度の見積もりをします。
「10万円の決済金額ですといくらの振込になりますか?」といった感じで質問します。
すると「10万円ですとだいたい8万円くらいですね」のような回答が返ってきます。

 

ここがポイントなのですが、だいたい8万円というのは7万5千円でもだいたい8万円の範囲に入ると思います。大抵の現金化業者ではあいまいな数字での返答が多く確実な数字は実際に決済を行う直前にならないと答えてくれないのです。ここで確実にできる数字を聞くことが重要な点で聞けなければシュミレーションをする意味がありません。

 

だいたい8万円の振込のはずが手数料を引かれ7万円や6万円になってしまうこともありますので、間違いなくできる金額でなければなりません。ここでの回答が確実に7万5千円以上はできるなら合格点としていいでしょう。

 

この見積もりを数社行ってみて担当者の対応と実質的な換金率を比較すれば確実な金額で現金化を利用することができます。1社だけの申し込みでは換金率の優劣を決めることはできないのです。

 

この方法が現在のクレジットカード現金化サイト選びでは確実な方法とされますので、特に初めて現金化を利用される方はシュミレーションをお勧めします。


更新:2017/03/22

関連ページ

やらなきゃ損!キャンペーンで換金率アップ
クレジットカード現金化の多くのサイトでは利用する人のタイプやシーズンに合わせたキャンペーンを適用しない手はありません
現金化のセカンドオピニオン
クレジットカード現金化を一度利用して満足した方は同じ現金化サイトを利用するのは当然ですがセカンドオピニオンという方法もあります
金額の交渉術
クレジットカード現金化の換金率はある程度の融通はききますので交渉は必要です。