クレジットカード現金化を有効に利用するための交渉術

納得のいく金額のライン

誰もが高い換金率でクレジットカード現金化を利用したいと考えています。しかし、現金化業者も商売としてこの業務を行っていますので、利益や経費が必要なのです。この折り合いがついてこそ成立するサービスであり、どちらか一方が納得できなければ成り立ちません。

 

よくクレジットカード現金化のホームページには明確な数字の換金率が表示されています。例えば即日プランで10万円以内の利用ですと換金率は80%とはっきりとした数字になっているのですが、実際に1万円の利用で8,000円が振り込まれるのかというとそうでもありません。

 

この80%の換金率以外にも消費税や送料、決済手数料が必要になることが多く80%の換金率は建前の数字でしかないのです。では、80%の換金率と表記されているのに実際は60%になってしまったらほとんどユーザーは納得できず申し込みをキャンセルすると思います。ここから両者があゆみよってクレジットカード現金化の取引が成立に至ります。そうなりますと換金率は変動することになり決まったものではないことになります。

現金化業者との交渉術

換金率は変動するものと考えた場合、ユーザー側が利用する金額の最低ラインを決めれば交渉する際に有利なります。当然ながら現金化業者にも換金率の限界はあります。商売としてクレジットカード現金化をしているため赤字になってまでやる意味はありません。ですがユーザーに現金化を利用してもらわなければ営業している意味がなくなるのです。そういった点からある程度の妥協はしてくれるのです。

 

クレジットカード現金化では決済金額に対しての送金額の実質換金率が90%以上にはなることはありません。その理由は90%以上では赤字になってしまうからです。ちなみに85%の換金率でもほとんど利益はでないといわれております。

 

そういった理由を考慮した場合、現金化の換金率の相場が70%になってしまうのも納得できる話です。しかし、ユーザーからすれば70%の換金率が納得のいく数字ではありません。現在の現金化業者の換金率の限界は80%のところもあります。この80%の換金率でクレジットカード現金化するためには現金化業者との交渉が必要になるのです。

 

まず、「80%以上の換金率でなければ利用しない」といった利用するラインを設定します。クレジットカード現金化に申し込みをし、本人確認などの手続きを行い換金率の説明を受ける際には消費税や決済手数料の内訳を告げられだいたい70%前後の数字を提示されます。この時点で了承していまえばそのままの数字で決済され、送金となってしまいます。

 

ここから交渉が始まります。大半の方が「ホームページの換金率と違う」というのですが、業者はこの対応には慣れており、「換金率は表通りですが、決済手数料や消費税が別途必要となります」と切り返されてしまいます。ここで半数以上の方は納得して利用してしまいます。

 

しかしそれで納得しては交渉になりません。「納得できないのでキャンセルします」と告げれば業者は「ではどのくらいなら納得できますか?」と交渉に応じてきます。先ほども申しましたが、現金化業者も利用してもらわなければ商売が成り立ちません。

 

ここであまり無理な数字を提示してしまうと交渉は決裂してしまいます。例えばホームページには95%とあったのでその通りの数字で現金化して欲しいというのは通用しません。多少なりとも譲歩した形で「せめて85%くらいなら」といった感じがBESTだと思います。現金化業者は交渉には応じますが、そう簡単には引き下がりません。「85%は難しいですが、75%にサービスします」とあゆみよってきます。

 

ここまでくればあと一歩です。「75%だと納得できないので今回は見合わせます」と一度引くと、業者はさらに食いついてきますので、「今回だけは80%でやらせていただきます」となります。実際にはここまでスムーズに交渉はすすみませんが、大半の現金化業者には通用するはずです。

 

換金率は決まったモノではなく妥協できるモノということを念頭に置き、粘り強く交渉することが有効に現金化するためのテクニックなのです。

 


更新:2017/04/03

関連ページ

やらなきゃ損!キャンペーンで換金率アップ
クレジットカード現金化の多くのサイトでは利用する人のタイプやシーズンに合わせたキャンペーンを適用しない手はありません
現金化のセカンドオピニオン
クレジットカード現金化を一度利用して満足した方は同じ現金化サイトを利用するのは当然ですがセカンドオピニオンという方法もあります
実質換金率のシュミレーション
クレジットカード現金化サイトを決めるポイントとして換金率が最重要項目なのですが、実質換金率をシュミレーションすれば簡単に比較できます