クレジットカード現金化に必要な送料と手数料

クレジットカード現金化に必要な送料と振込手数料

 

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金に換える際、換金率とは別に掛かる料金が存在しています。
それが

  1. 送料
  2. 手数料
  3. 消費税

 

の3つです。
こちらの利用金は利用者の決済額から引かれたり、業者が負担をしたりするようになっています。

 

ではこの料金はどのように変わるのでしょうか?

送料について

送料について

インターネットで買い物をする人にはわかると思います。
ネットショッピングというのはお店にわざわざ足を運ばなくても簡単に買い物ができ商品が届くという非常に便利なサービスです。

 

しかし、購入した商品を無料で運んでもらえるわけではなく、ネットショップか購入者のどちらかが送料を負担することになります。

 

例えば、普通のお店で2,000円で販売しているTシャツがネットショップで1,500円で売っていたとします。
安いと思い、購入しようとしたら送料が700円別途必要となりました。
結果的に普通のお店で買った方が安く購入できるということになります。

その時の状況によって様々ではありますが、普通のお店に行くまでの交通費や手間を考えたらネットで買った方が便利ということもあります。

 

クレジットカード現金化でもネットショップのように商品を購入する形式となっている為、商品を配送するためには送料が必要不可欠となるのです。

 

もしも支払うとなった場合、どのくらいの送料が引かれるのでしょうか?

 

現金化サービスの送料

現金化サービスの送料

 

クレジットカード現金化で購入する商品というのは比較的サイズの大きいものは使用しません
一般的な運送会社の一番小さいサイズの送料は東京からの場合、756円から1296円となっています。

 

一般的な現金化業者の場合、送料は一律1,000円必要になることが多くあります。
商品を購入し配送するわけですから、送料を負担するのは利用者という考え方ということです。

 

利用金額が大きければそんなに気にならない額ですが、少額で利用の場合には決して安くはない金額です。

 

クレジットカード現金化の中でも評価が高いとされる優良店ではこの送料は業者の負担となります。
1000円程度と金額的には微々たるものですが、現金化業者というのは1日に何十件も決済しますので、送料だけでもけっこうな金額になります。

 

送料を業者が負担することによりユーザーは気持ちよく利用することができるという配慮です。

 

手数料

手数料

 

手数料は現金化業者の利益となる料金です。

 

不動産の仲介手数料の様なものでこの手数料がなくなってしまうと事実上のボランティア活動となってしまうのです。

 

これでは現金化業者の儲けは無くなり閉店していってしまいますよね。

 

その為現金化業者は利益を上げるために手数料を貰っているのです。
ではその手数料ですが業者によって変化します。

 

その為何%とハッキリと言えないのが残念ではあります。
しかし、予め業者事に違う手数料がかかると念頭に置いて置くようにしておけば、いざという時にも冷静な判断が出来ることでしょう。

 

消費税

消費税

 

消費税は見覚えのある税だと思います。
コンビニやスーパーなどでも絶対に発生する税金です。

 

今現在の消費税は8%なので、8%必要になってきます。

 

換金率が90%だった場合、ここから8%引かれるので約82%という結果になります。
しかし、ここから送料や手数料も掛かると考えると、70%〜75%以下での現金化が通常というようになりますね。

 

オススメ出来る現金化業者の特徴の1つ

オススメ出来る現金化業者の特徴の1つ

 

以上の結果から、クレジットカード現金化の買取代金及びキャッシュバックは平均で70%〜75%という事がわかりました。

 

業者を利用してる以上、必ず手数料というものは掛かってきてしまいます。

 

その手数料を少額に抑えれるのが業界でも優良と言われている現金化業者となっているのです。
消費税と送料は決められた金額ですし、業者がどうこうできるような物でもありません。

 

その為、換金率を上げるには手数料をなんとかする必要があるのは業者もわかっている事なのです。
自社の利益を減らしてまで利用者に満足してもらおうとする業者が悪質な訳がありません。

 

まさに利用をオススメ出来る現金化業者の特徴の1つと言えます。

 

他にもこのような特徴が存在しており、それが優良現金化業者を見分けるのに必要な特徴となっています。

 

詳しくはこちらの記事を参考にご覧ください。

 

オススメ出来る現金化業者の特徴

最終更新日:2018/8/2