クレジットカード現金化の実在しないキャンペーン

実在しないキャンペーン

ほとんどのクレジットカード現金化のホームページにはユーザーにとって魅力的なキャンペーン情報が掲載されていることがあります。
キャンペーンというのは通常の利用するよりもキャンペーン対象者には特典や優遇された条件で利用することができるサービスです。

 

人間は期間限定や対象者のみが優遇される特典に惹かれる心理があります。

 

キャンペーンは限定感や希少性といった心理を利用した限定商法なのです。
クレジットカード現金化のキャンペーンを見たユーザーは当然適用されると思い申し込みをするのです。

 

キャンペーンは適用されない

全てのクレジットカード現金化サイトにいえることではありませんが、大半の現金化業者はキャンペーン情報は集客だけのもので実際には実施していないのが現状です。

 

ユーザーが現金化の申し込みキャンペーンについて聞くと、

ホームページに新規の利用者には換金率がアップするってあったんですけど。

さきほどのお客様で本日分のキャンペーンは打ち切りとなりました。

このように現金化業者にうまくながされてしまいます。
他にもいろいろな言い訳を用意しており、結局キャンペーンは適用されない結果となるのです。

 

クレジットカード現金化のキャンペーンで一番多いのが換金率が高く利用できるというものですが、現金化業者に提示された決済金額と振込金額に納得がいかずキャンペーンの適用を求めたところ、キャンペーン込みでの金額とのことでした。
ちなみにこのケースでの金額は、

  • クレジットカード決済金額 108,000円
  • 振込金額 70,000円
  • キャンペーン 全員に10,000円

そもそも実質的な換金率は70%以下にも関わらず、さらにキャンペーンがなければ10,000円少なかったことになります。

 

この悪徳業者でもホームページは明るい雰囲気の女性が起用されていて90%以上の換金率を表記していました。
さすがに90%の換金率で現金化できるとまでは思っていませんがここまでひどい業者とは思いませんでした。

 

クレジットカード現金化のキャンペーンは適用されないのが常識と思っている方もいるほど現実的にキャンペーンを利用できる現金化サイトは少ないです。
申し込んだ現金化業者がキャンペーンを適用できない場合は諦めるか、速やかにキャンセルをしましょう。