クレジットヒストリーからわかる現金化の有利性

クレジットヒストリーからわかる現金化の有利性

 

クレジットヒストリー:クレジットカードの信用情報の高さ、クレジットカードの経歴

 

聞きなれないクレジットヒストリーという言葉、ふわっとした感覚でしか聞いたことが無いかもしれません。

 

  • どのような意味なのか?
  • クレジットカード現金化にどう関わってくるのか?

 

このように疑問に思う方もいるのではないでしょうか?
実はこのクレジットヒストリーが現金化について重要な項目であるという事がいま業界内で話題になっているのです。

 

今回はそのクレジットヒストリーについて詳しく確認してみる事にしましょう。

 

 

クレジットヒストリーの詳細

クレジットヒストリーの詳細

 

簡単にクレジットカードの信用問題と言われてもいまいちピンと来ることはないかと思われます。
では、どのようにクレジットカードと関わりがあるのかを簡単に紐解いていく事にしましょう。

 

クレジットの意味は『信用販売』を意味しています。
そして『ヒストリー』という言葉の意味とは、直訳で『経歴』ということを意味します。

 

つまり、信用販売の経歴という事ですね。

 

サッパリわからない。という方もいるかと思いますので、どういう事かを簡単な例から見ていきましょう。

 

例)クレジットカードの支払い日、口座へお金を入金する事を忘れていたため家に支払い請求の封筒が届いた。

 

例えば、上記のような状況になってしまったとしましょう。

 

この時のクレジットヒストリーが悪くなります。
すぐに料金を支払ったとしてもクレジットヒストリーは悪くなったままになるでしょう。

 

以上の説明からクレジットヒストリーとは信用問題というように考えていただいて構いません。

 

クレジットヒストリーが悪くなるとどうなる?

クレジットヒストリーが悪くなるとどうなる?

 

支払いが遅れる・未払いのまま時間が過ぎると言った事が続くとクレジットヒストリーはどんどん悪くなっていってしまいます。

 

もしもこのまま悪くなっていくとどうなってしまうのか?
当然ではありますが、お咎めなしともいきません。

 

調査してみた結果以下の様なリスクを負うことになるようです。

 

クレジットヒストリーが悪くなった時のリスク

  • 新しいクレジットカードを作れなくなる
  • 住宅ローンなどを組む事が出来なくなる
  • クレジットカードの契約を更新する事が出来なくなる

 

少なくとも上記のリスクを負う可能性があるのです。
クレジットカードの原理はカード会社に一時的に支払いをして貰って商品や現金を借り入れする事が出来るサービスです。

 

信用できない契約者の商品代を負担したり、現金を貸したりする程お人良しではありません。
更にクレジットカード会社の信用問題はCICという指定信用情報機関にというところで管理されます。

 

この信用情報に関しては、他の会社も共有する事が出来る用になっています。
1社で信用を失うと同時に他の会社でも信用を失ってしまうということですね。

 

その為、クレジットヒストリーを悪くすればするほど回りまわって何処かで損をしてしまうのが、リスクと言えるでしょう。

 

クレジットヒストリーは悪くなったら悪いままなのか?

クレジットヒストリーは悪くなったら悪いままなのか?

 

長いこと利用していれば当然悪くなる事はある信用問題ですが、一度悪くなった信用問題は悪いままなのでしょうか?
実はクレジットヒストリーを良くする手段は存在しています。

 

それは、クレジットカードを利用し続けることです。

 

クレジットカードを利用したら何処かで払い忘れなどを起こして、クレジットヒストリーが悪くなるんじゃないの?

 

その様な考えの方がいてもおかしくありません。
しかし、クレジットヒストリーはクレジットカードを利用する事でしか良くする事が出来ないのです。

 

失った信用を取り戻すには同じ失敗をしないというところを証明しなければいけません。
そのためクレジットカードを利用し続け無ければクレジットヒストリーは良くならないという事ですね。

 

規約違反は一発アウト?

規約違反は一発アウト?

 

クレジットカードの利用規約で現金化が禁止されていることはご存知でしょうか?
信用問題というぐらいですから規約に違反したら当然、信用は下がってしまいます。

 

その為、クレジットヒストリーを下げないためにもカード会社に現金化という行為がバレてしまってはいけません。
唯一の方法がクレジットカード現金化業者を利用する事でのみ確保する事の出来る安全な現金化方法ですね。

 

安全に現金化を行う方法さえ確保すれば、問題無く現金化を行う事が可能と言えます。

 

更にクレジットヒストリーが高いと、カードが利用停止になる危険性を抑える事が可能です。
利用停止になる一番の理由はカード会社の信用が無い人が多く「これ以上利用させては危険だ。」という判断の元、カードが利用できなくなる原理です。

 

つまり、信用の高い人ならば新幹線の回数券などを購入しない限り、カードが止まる確率は低いといえるでしょう。

 

しかし換金率の面を見ても、サービスの安全性の面を見ても優良の現金化業者を利用する事をオススメいたします。
やはり悪質の現金化業者の場合、現金が振り込まれなかったり、クレジットヒストリーが良くてもカードが利用停止になってしまったりとトラブルに巻き込まれる可能性が多いからです。

 

もしも現金化をお考えの方はこちらの優良の現金化業者ランキングに掲載されている業者を参考にご覧下さい。