損をするといわれているクレジットカード現金化の詳細

損をするといわれているクレジットカード現金化の詳細

 

『クレジットカード現金化は利用したら損をする』

 

こんなワードを聞いたことはありませんか?
クレジットカード現金化というサービスを聞いたことも無い方もいるかもしれません。

 

まずはこのサービスがどのようなサービスなのかという所からご説明させていただきましょう。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは?

 

クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング枠と言われる物を現金に変える方法となっています。
ショッピング枠とはカードで買物が出来る金額の枠です。

 

このショッピング枠をどうのように現金に変えるか?というお話ですが、そちらに関してはこちらの詳細ページをご覧ください。
クレジットカード現金化仕組み | どうやって現金にするのか?

 

さて、ここからこの現金化というサービスを利用したらそんなのか?得なのか?という事をご説明させていただきたいと思います。

 

クレジットカード現金化を利用した場合デメリット

クレジットカード現金化を利用した場合デメリット

 

一般的にクレジットカード現金化のデメリットと言われている物を見ていきましょう。

 

主にデメリットと言われているのは以下のようになります。

  1. 個人情報を伝えなければいけない
  2. 悪質業者に接触する危険性がある
  3. 換金率が下がる

 

主に言われているのはこちらの3点になります。

 

では、この3点について詳しくご説明させていただきましょう。

 

個人情報を伝えなければいけない

個人情報を伝えなければいけない

 

ご紹介しているクレジットカード現金化というサービスですが、皆さんはこのサービスをどのようなサービスだと思っていますか?

 

殆どの方がこのサービスは貸金業という様に思っているのでは無いでしょうか?
実はクレジットカード現金化というサービスは貸金業ではなく、中古品販売店と同じ扱いの業者に分類されるのです。

 

何故その様な部分に分類されているのか?

 

クレジットカード現金化のサービスは必ず商品を経由して現金のやり取りを行います。

例.1

  1. 商品を購入する
  2. 購入した商品を売る
  3. 現金を手にする

例.2

  1. 商品を購入する
  2. 商品を購入したのでキャッシュバックを貰える
  3. 現金を手にする

 

以上のような手順で現金を手にする事が出来るのです。
こちらの例.1と2は現金化業界で商品買取り方式キャッシュバック方式と言われています。

 

この現金化方式を確認してみるとわかりますが、どちらの現金化も商品を利用して現金化をしていることがわかります。
例えばこの商品のやり取りをせずに現金化を行うと貸金業法違法となり現金化業者は逮捕されてしまいます。

 

話が脱線しましたが、何故個人情報が必要なのでしょうか?

 

理由はこの商品を送ったり買ったりする際に利用者の個人情報が必要になるという事なのです。

 

悪質業者に接触する危険性がある

悪質業者に接触する危険性がある

 

クレジットカード現金化業界で営業を行っているのは優良の業者だけではありません。

 

悪質な手口で利用者を騙す現金化業者も存在しています。
なので、必ずしも安全なサービスとは限らないという訳なのです。

 

その為、利用するリスクとして数えられる事もありますが、優良の現金化業者を利用していれば問題はありません。
現金化比較サイトを確認してみれば、優良の現金化業者を紹介しているサイトは多く存在しています。

 

当サイトでも優良の現金化業者をご紹介しておりますので是非ともご確認ください。
換金率でズバっと決める!クレジットカード現金化の換金一番

 

換金率が下がる

換金率が下がる

 

こちらの理由が一番のデメリットとして認識されているかもしれません。
クレジットカード現金化サービスはサイトに表記されている換金率で現金化を行う事はありません。

 

その理由は、現金化を利用する際の手数料や消費税が問題となっているのです。
どのぐらい必要なのか?という疑問についてはこちらで詳しくご説明させていただいておりますので、こちらをご確認ください。
送料や振込手数料は現金化に必要不可欠

 

では、どのぐらいの換金率になるのか?という話ですが・・・平均的には75%と言われています。

 

これは現金化業界の平均換金率と言われている為、必ずしも75%で現金化を行っているとは言えません。
それこそ80%だったり、70%だったりと大きくばらけています。

 

この換金率は業者を利用しない限りわからないという事もネックの1つとして数えられていますね。
では、換金率75%は他の資金調達方法と比べて低い換金率なのでしょうか?

 

実際の所この資金調達方法はそこまで換金率の低いものではありません。

 

当然、消費者金融や銀行の融資などに比べれば劣るところは多数あります。
しかし、クレジットカード現金化業者の提示するサービスは審査が必要ありません。

 

つまり、クレジットカードを持っている方であれば、誰でも利用できるサービスという事なのです。

 

更に即日で現金を手に入れられる事、どこにいても電話とメールのやり取りで手続きを全て終わらせられる事を考えると、時間のない人でも利用する事が出来るサービスと言えます。

 

以上のサービスを踏まえた上で換金率75%前後をどう考えるかは個人差によるものなのではないでしょうか?

 

現金化の損と得は人によって違う

現金化の損と得は人によって違う

 

以上の事からわかるのは、クレジットカード現金化サービスの損得は利用する人によって大きく考え方が変わってくるという事がわかります。

 

例えば、会社で朝から夜中まで働き通し。
『無人契約機に行っている暇が無いけど、明日までに現金が必要だ』という方にとってクレジットカード現金化のサービスは画期的なのではないでしょうか?

 

日中、自由外出が出来るという方にはクレジットカード現金化のサービスはあまり魅力的に感じないかもしれません。
このように利用者の状況によってはクレジットカード現金化とういうサービスの捕らえ方は違うという事がわかります。

 

その為、クレジットカード現金化のサービスが損か?得か?という線引きは利用者によって変わるという事がわかりますね。

 

クレジットカード現金化についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にご覧ください。

 

loss