クレジットカード現金化『換金率の変動』はなぜ起こる?

クレジットカード現金化『換金率の変動』はなぜ起こる?

 

クレジットカードのショッピング枠を行う際に第一に考えるのが換金率です。
この換金率とはどのようなものなのでしょうか。

 

近い例だと、パチンコ店で出玉をお金に換えるときに利用する換金所ですね。
パチンコ玉を借りるには1個4円ですが、換金するときは3円や2.5円になることがあります。

 

これが4円で換金できるお店は換金率100%で3円だと75%、2.5円だと62.5%というように換金率の変動がわかります。

パチンコ店での換金率の変動は店側が利益を出す為に数値を定められている為、色々なお店では違う換金率になりますが現金化業者の換金率はどのような要因が関わっているのでしょうか?

 

そちらを確認していってみましょう。

クレジットカード現金化業者の換金率

クレジットカード現金化業者の換金率

 

換金率という言葉はそもそもクレジットカード現金化を行った際の振込される金額の割合のことを指します。

振込金額÷カード決済金額=換金率(%)
つまり、
カード決済金額×換金率(%)=振込金額
と、置き換えることができます。

 

よくクレジットカード現金化のホームページで「一律90%でキャッシュバック」などと表記されているものがありますが、この場合10万円の決済金額なら9万円がキャッシュバックされることになります。

 

しかし、すべてのクレジットカード現金化でホームページ通りでの換金率で利用できるとは限りません。
なかには誇大広告の換金率を提示している悪意のある業者も少なくありません。

 

クレジットカード現金化のサイトを選ぶ際には表向きの数字だけで決めるのは危険です。
では、なぜ換金率は変化するものなのでしょうか?

 

詳しくはこちらの記事を参考にご覧ください。
誇大広告の換金率に騙されたトラブル
実質換金率のシュミレーションで決める

 

換金率が変わる理由は?

換金率が変わる理由は?

 

クレジットカード現金化業者の手数料や換金率が変わるのは、消費税と手数料の問題です。l

 

消費税は国から決められた率で引かれるものなので、現金化業者どうこう言える問題ではありません。
本当の問題がこれです。

 

現金化業者によって変わる換金率の問題です。
この手数料の問題が換金率の変わる一番の原因ともいえます。

 

換金率が変わる仕組み

換金率が変わる仕組み

 

現金化業者を利用して換金率が大幅に変化した、と方は多いはずです。
しかし、換金率が変化する比率が違うことをご存知でしたでしょうか?

 

例えばA社とB社があったとしましょう。
この2社の最大換金率は98%とします。

 

しかし、A社で現金化を行った時は換金率が70%でしたが、B社で現金化を行った時の換金率は80%だった。
これはあくまでも仮のお話ですが、この現象は実際にありえるお話です。

 

この原因は現金化を行う際に掛かる手数料が大きな問題となっています。
手数料は現金化業者によって大きく変化します。

 

しかし、この手数料に関しては実際に現金化業者を利用してみなければわかりません。
その為、利用する現金化業者によっては換金率が大幅に下がる事も十分にありえるという事なのです。

 

換金率の高い現金化業者を利用するには?

換金率の高い現金化業者を利用するには?

 

これは現金化業者を利用するにあたっての永遠の課題です。
しかし、実際に換金率の高い現金化業者を利用する事は可能なのでしょうか?

 

結論は可能です。

 

方法は、優良の現金化業者を利用する事です。
優良の現金化業者を利用する事は換金率の高い現金化業者を利用する唯一の方法にして最善の方法と言えます。

 

現在のクレジットカード現金化業界では95%以上の換金率で利用できるサイトはないと断言することができますが、95%以上を表示しているサイトは多数あります
そういったサイトを利用する際には実質的な金額を決めてから利用しましょう。

 

逆に言ってしまえば、この方法以外換金率を高くする方法はありません。
つまり優良の現金化業者を利用する事が高い換金率への近道なのです。

 

優良の現金化業者を利用したい方は、こちらの優良現金化業者のランキングを参考にご覧ください。

 

優良現金化業者ランキング